Welcome to Orchestra HARUKA's Web !

【5月17日 第16回演奏会 中止のお知らせ】

5月17日(日)に開催を予定していた「第16回演奏会」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、やむなく中止することとなりました。
何とか開催する方法はないか議論を重ねましたが、出演者およびお客様の安心・安全な状態での開催の見通しが立たないことから、演奏会開催を断念いたしました。
演奏会を楽しみにしてくださっていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

オーケストラHARUKAについて

『必要最小限の人数で透明感のある響きを創る』『バレエやオペラなど舞台芸術にも積極的に取り組む』ことをコンセプトに活動するアマチュアオーケストラ。
「HARUKA」という名称には「遥か遠くまで響く音楽を創る」「遥か先を見据えた活動をしていく」という意味が、また、頭の「HA」には「北海道の音楽シーンに波紋を広げたい」という意味が込められている。

2003年

『必要最小限の人数で透明感のある響きを創る』『バレエやオペラなど舞台芸術にも積極的に取り組む』ことをコンセプトに創立。

2007年

第4回演奏会において『ブラームス交響曲全曲演奏』を達成。

2010年

第7回演奏会にて、佐藤彦大氏と『ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番』で共演、そしてKitaraのパイプオルガン付きで『サン=サーンス/交響曲第3番』を演奏。

2011年

第8回演奏会にて、ヴァイオリニストの安永徹氏、ピアニストの市野あゆみ氏を迎え、ゲストコンサートマスター安永氏のもと、指揮者無しの演奏会を開催。

2012年

第9回演奏会にて、札響首席クラリネット奏者の三瓶佳紀氏と『ウェーバー/クラリネット協奏曲第2番』で共演。

2013年

第10回演奏会にて、札響首席チェロ奏者の石川祐支氏と『エルガー/チェロ協奏曲』で共演。

2014年

第11回演奏会にて、札響首席トランペット奏者の福田善亮氏と『フンメル/トランペット協奏曲』で共演。

2015年

第12回演奏会にて、高橋弥子さんによるナレーション付きで『グリーグ/ペールギュント』を演奏。

2016年

第13回演奏会にて、宮澤むじかさんと『サン=サーンス/ピアノ協奏曲第2番』で共演。

2017年

第14回演奏会にて、佐野峻司さんと『ガーシュウィン/ラプソディ・イン・ブルー』で共演。

2019年

第15回演奏会にて、中山拓樹さんと『チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番』で共演。

2019年

シンガーソングライター桜庭和さんのバラッドコンサートに出演。

定期演奏会以外にも、バレエ公演や、La Compagnia Armonicaのオペラ公演に出演するなど幅広く活動を展開。また、「PTNA PIANO FESTIVAL」や「情熱の日・芸術祭」に2006年から出演し、多数の才能溢れるピアニストと共演。